ゆっくり考える時間

今日は荒れ模様の一日でしたね。
過去形ですが、新宿の事務所の外はまだ荒れています。。。。

土曜日に事務所でこなす仕事は、平日とはまた違った時間の流れ方を
するので好きです。
事務所の電話や携帯電話がなり、仕事が寸断したりすることはごく当たり前
のことです。

ところが、究極のバッドタイミングなんてあるんですね。
事業計画を作成しているときに、数値目標を達成するための具体的な施策が
「パっ!」と浮かんで、行動レベルまでメモに走り書きをしてしまおうという時に、
「ピンポーン」とか、「プルールル」なんて。。。。

思い描いていたストーリーが断片的に思い出せない。。。。

なんて、本当にあります。


今日は、事務所で、自分が直接従事していない部署の事業計画書のフォーマットを
作成していました。
かつて事業計画書を作成したことのないメンバーが、会社の数値と自分の行動計画を
明確にできるようにするため
、フォーマットは初歩的なものですが工数が半日かかりました。

ただ、土曜日の事務所は静かで、集中的にアウトプットを作成するには適しています。
平日であれば、半日で終わっていなかったと思います。


しかしながら、この事業計画書(と言えないほど簡素的なものですが。。)は作成してゴールではなく、
メンバーが会社予算の達成と、その為の行動計画を立て、予実差異を分析してはじめて意味を持つ
もの。


どんな計画を作成して、行動してくれるか、とても楽しみです。
pageup_btn1