【居抜き造作譲渡】我々の仕事は三方良し!を使命に。

居抜き造作のマッチングビジネスを会社の事業として立ち上げた理由を聞かれると、
「自分が経験してきたことを活かして社会に貢献できるから。」と答えます。

コストを抑えて撤退されたいオーナー様は、
様々な理由を抱え、思い出詰まったお店を退去されます。


コストを抑えて出店されたいオーナー様は、
様々な夢を抱え、希望に満ちたお店の開業を目指します。


思い出詰まった店舗は、希望に満ちたオーナー様の手に渡り、新しい風が吹き込まれていきます。

そのストーリーの舞台である物件の持ち主は、いうまでもなく家主様です。
家主様にとっても、このストーリーが途絶えずに継続されることを望まれています。


その舞台に、包丁とまな板の「トントントン」という音やフライパンで食材を炒める「ジュージュー」
という音が聞こえなくなる日々が続くと、家主様はとても辛い気持ちになります。

私たちは、そのストーリーに関わる皆様が、ハッピーになれるよう立ち回ることが使命となります。

自分は、従業員が守り続けてくれた店舗を売却した経験があるので、
撤退されるオーナー様のお気持ちをほんの少しでも察することができます。

また、居抜き造作物件の出店で、特別損失により決算を赤字にする失敗を犯した経験もあります。

家主の経験は、、、、                      
                                   ありません。。。。。

ただ、家賃収入が途絶えることの焦りは、なんとなく想像できます。。。。。

「三方のうちの誰かが」ではなく、「三方良し」を使命に邁進していきます!!
pageup_btn1