バイキングの由来

DSC_0045-e1456844228568

こんにちは!
今日は「串家新宿西口店では串カツ、惣菜、デザートなどなど食べ放題のバイキングです!」と今まで何度となく言ってきた、このフレーズを落ち着いて考えてみました。

バイキングって何だろう?

自分が街を歩いていて、バイキングという文字を見かけることはあります。
食べ放題=バイキングと認識しています。
では、何故「バイキング」と言うのだろう?と、フッと思いました。

調べました。

まず、ビュッフェとバイキングの違い。
一般的にビュッフェと聞くと、バイキングと違いがあるのかと思われがちですが、実は大きく違うようです。

<ビュッフェの意味>

これはフランス語で、元々は「飾り棚」という意味らしく、上段は棚、下段に扉のつく飾り棚を「ビュッフェ(buffet)」と呼ばれここにちょっとした料理を置いて、立食で食べるスタイルが流行ったらしく、「ビュッフェ=好きに取る=立食」という意味で使われるようになったそうです。

ビュッフェだけでなく、カウンターでも同じようなことをしたので、列車の簡易食堂やバーのカウンターで提供される形式の食事も意味します。

よってビュッフェは、「自分で料理を好きに取って立食する」というスタイルの食事となります。

「食べ放題」という意味ではありませんが、結果的に食べ放題であることは多いそうです。


<バイキングの意味>

バイキングは「食べ放題」を表す言葉ですが、元々は西ヨーロッパに存在した海賊のことを表す言葉でした。
よって、料理とは全く関係のない言葉です。

では、なぜバイキングが「食べ放題」になったのか?
それは、1957年に帝国ホテル支配人の方が、旅先のデンマークで目にしたスウェーデン料理「スモーガスボード」がきっかけだったそうです。

「スモーガスボード」というのはビュッフェ形式の食べ放題料理。
そのまま日本に導入しようとしたのですが、名前が難しいという理由から違う名前を考えたそうです。

当時、「バイキング」という映画が流行っており、その食事風景が豪快で印象的なものであったことから、流行に乗る形で「バイキング」と命名。
そのため、バイキングというのは日本独自の料理スタイル名となります。


いかがでしたか?バイキングの由来は、意外と面白いところから今の時代に普及したのですね。

あれん



pageup_btn1